CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Journey of a Gemini
Journey of a Gemini (JUGEMレビュー »)
Donell Jones
とりあえずDonellなら間違いない。
#2⇒#3がまたいーね。
RECOMMEND
Journey Into Day
Journey Into Day (JUGEMレビュー »)
Seek
Good Music。
このCD持ってる人に悪い人いなそう。
RECOMMEND
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付)
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Skoop On Somebody, SOS, 遠藤亮, SOULOGIC
#1、#2が小気味いい。
ライブにいきたくなる。
RECOMMEND
Middle Tempo Magic(CCCD)
Middle Tempo Magic(CCCD) (JUGEMレビュー »)
安藤裕子, 山本隆二

もちろん曲も良いけど、
ジャケットのAndrewに惚れた。。。
RECOMMEND
ライフ・ゴーズ・オン
ライフ・ゴーズ・オン (JUGEMレビュー »)
ドネル・ジョーンズ
#5⇒#6は凄い。
あんまりないよ。こういうの。
最高に気持ちいい。
RECOMMEND
the book about my idle plot on a vague anxiety
the book about my idle plot on a vague anxiety (JUGEMレビュー »)
toe,原田郁子,osumi aka big o

滅茶苦茶好みの音楽。
ライブでは歌声も混じるという噂が。。。
<< ブログ化の未来? | main | ぐへー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人生を生き残るために
近頃、人様の紹介ばかりで恐縮ですが、それでも良い文章は紹介せずにはいられないのです。


新年:人生の遭難とサバイバル


是非読んでから、どうぞ。

遭難者がどんどん危機の深みにはまるのは、道を見失って迷ったときに
「こんなはずではなかった」
と、「予定されていたあるべき自分の姿」と「現実の自分の姿」のギャップに惑乱、むやみに動き回って「予定されていた自分の姿」に戻ろうとするから。

人間は、常に「あるべき環境」の地図を頭の中に持っている。その地図=メンタルマップと、実際の周囲の環境を照らし合わせて「自分」を認識する。この「メンタルマップ」と「実際の環境」の間のマッピングが大幅に狂うと、パニックに陥る。

人の多くは自身の理想像を持っています。
・カッコいい自分
・頭のいい自分
・デキル自分
それら理想に近づけるよう、考え、振舞います。
しかし、上手くいく時もいかない時もあるわけで。
結果として、上手くいかない場合があった時はそれはそれで仕方がありません。
問題なのはその後のようです。

迷い始めた遭難者は、マッピングができなくなっても、「実際の環境」に基づいた「メンタルマップ」を再構築するのではなく、逆になんとかして「実際の環境」を「メンタルマップ」に近づけようとする。

「こうすれば、元々知っていたメンタルマップの世界に戻れるのでは」

と、自分がいる場所がどこかもわからないのに、さらに新たな道に分け入り、どんどん深みにはまる。



かように、「あるべき予定の姿」というメンタルマップと、「現実の周囲の状況」がかけ離れたときに、自分のメンタルマップの方を修正して再構築できる力が、サバイバルで一番大事なことなのである。

新たなメンタルマップができれば、正しく「現実の周囲の状況」を分析、それに基づいて新たな生き残りのためのプランを立て、それを実行していく余裕もできる。

「こんなはずじゃなかった。」から「ふむ。さてどうしようか。」へ。
予定と現実がズレた時、予定を一旦リセットすることができるかが重要ですね。
僕がよく自己啓発のために使う言葉で、
「その瞬間瞬間でベターな選択肢を選び続ける」
という言葉がありますが、どうもこれはサバイバルでは至言のようで、

『現状を把握、分析し』→『プランを立て』→『実行する』

『その瞬間瞬間で(現状を把握し)』→『ベターな選択肢を選び』→『(実行する)』

イコールでした。
自身の言葉が最適化されていくのは助かります。


遭難時に最も生還率の高いのは6歳以下の子供だそうです。
子供は適格なメンタルマップ(理想像)を持たず、実際の環境の中で順応しようとするから、とのこと。
子供に負けていられません。
僕達も人生で遭難しないよう、この教訓はしっかりと持っていたいものです

| まじめな話 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hmy.jugem.jp/trackback/85
トラックバック