CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Journey of a Gemini
Journey of a Gemini (JUGEMレビュー »)
Donell Jones
とりあえずDonellなら間違いない。
#2⇒#3がまたいーね。
RECOMMEND
Journey Into Day
Journey Into Day (JUGEMレビュー »)
Seek
Good Music。
このCD持ってる人に悪い人いなそう。
RECOMMEND
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付)
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Skoop On Somebody, SOS, 遠藤亮, SOULOGIC
#1、#2が小気味いい。
ライブにいきたくなる。
RECOMMEND
Middle Tempo Magic(CCCD)
Middle Tempo Magic(CCCD) (JUGEMレビュー »)
安藤裕子, 山本隆二

もちろん曲も良いけど、
ジャケットのAndrewに惚れた。。。
RECOMMEND
ライフ・ゴーズ・オン
ライフ・ゴーズ・オン (JUGEMレビュー »)
ドネル・ジョーンズ
#5⇒#6は凄い。
あんまりないよ。こういうの。
最高に気持ちいい。
RECOMMEND
the book about my idle plot on a vague anxiety
the book about my idle plot on a vague anxiety (JUGEMレビュー »)
toe,原田郁子,osumi aka big o

滅茶苦茶好みの音楽。
ライブでは歌声も混じるという噂が。。。
<< ふと思うこと の補足 | main | かもめ食堂 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人の言葉がいちばんだ
castというミュージシャンのインタビュー専門雑誌を読んだ。
凄い面白かった。
このボリュームで800円は安すぎると思う。

最近は、休みの日になると本ばかり読んでいた。
仕事で役立ちそうなノウハウ本、自己啓発本。
大好きなcafeの本、ku;nelなどの雑誌。
そして今日読んだインタビュー雑誌。

インタビュー記事は編集というプロセスを含有してはいるものの、
普段僕らが聞き慣れている“人間の言葉”に一番近く感じる。
当然なんだろうけど。

僕はこのhmyを書いている時、主観が客観に変わっていく様を当然意識している。
僕にとっての客観は、ココを見ている皆の客観とはもちろん異なるんだろう。
主観と客観と言っても、結局その一個人の中で完結させている限り、客観は本当の意味で客観になりえない。
ドライに斜めった角度で言い捨てれば、“なんちゃって客観”なんだろう。
でも個人の中でも線引きする必要があるため、一応“客観”としている。
なんというか言葉の定義を誤っている気がするが、

主観→“なんちゃって客観”→客観

みたいなイメージがある。
たぶん良い定義の仕方、名前の付け方があるんだろうけど、まぁとりあえず。

で、

僕は最近、『“なんちゃって客観“→客観』のところが凄く好きになっている。
人のインタビュー記事を読む行為なんて、まさにそれだ。
彼らは彼らなりに『主観→“なんちゃって客観“』を行っていて、
それの経緯などを淡々と語ってくれる。
何故彼らは音楽を始めたのか?
どうして彼らは音楽を創るのか?
なんで彼らの音楽には“彼ら”の音がするのか?
一足飛びにショートカットをしている気分。
他人哲学を聞くことは楽しいし、心地いい。
これからもっと良い生き方ができるような気がするから。

どっかの猫が『人皆師なり』とか履歴書に書いていたけど、
それは、数少ない真実と呼べる言葉だなぁと思う。
今後は仕事で忙しくても、もっと人と会わないといけないんだろう。
自己啓発なんてノーサンキュー。



インタビューを読みながら『→客観』を照らし合わせると、思わず顔がにやける。
道徳の教科書って、これだからあんな内容なのかなと思う。

親切、出会いと別れ、思いやり、一生懸命、感謝、

結局大人になってから他人に教えたいことなんて、みんな一緒じゃんか。
| なんでもない話 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hmy.jugem.jp/trackback/133
トラックバック