CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Journey of a Gemini
Journey of a Gemini (JUGEMレビュー »)
Donell Jones
とりあえずDonellなら間違いない。
#2⇒#3がまたいーね。
RECOMMEND
Journey Into Day
Journey Into Day (JUGEMレビュー »)
Seek
Good Music。
このCD持ってる人に悪い人いなそう。
RECOMMEND
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付)
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Skoop On Somebody, SOS, 遠藤亮, SOULOGIC
#1、#2が小気味いい。
ライブにいきたくなる。
RECOMMEND
Middle Tempo Magic(CCCD)
Middle Tempo Magic(CCCD) (JUGEMレビュー »)
安藤裕子, 山本隆二

もちろん曲も良いけど、
ジャケットのAndrewに惚れた。。。
RECOMMEND
ライフ・ゴーズ・オン
ライフ・ゴーズ・オン (JUGEMレビュー »)
ドネル・ジョーンズ
#5⇒#6は凄い。
あんまりないよ。こういうの。
最高に気持ちいい。
RECOMMEND
the book about my idle plot on a vague anxiety
the book about my idle plot on a vague anxiety (JUGEMレビュー »)
toe,原田郁子,osumi aka big o

滅茶苦茶好みの音楽。
ライブでは歌声も混じるという噂が。。。
<< ふと思うこと | main | 人の言葉がいちばんだ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ふと思うこと の補足
ダダからコメントを頂いた。

なんというか、まさにそういうレスポンスを返して欲しかったというか、とにかく最高なアシストパスを受けたので、コメント欄じゃもったいないから、コッチで返します。


僕が大学時代にやっていたことは、アーツマネジメント、アーツマーケティング。
僕的に訳してしまえば
「アーツとかデザインの垣根を下げて、一人でも多くの人に輪の中に入ってもらおう。」
みたいなことだった。
『アーツは美術館や劇場に行って観る物』
『デザインはどっかで誰かが創ってるカッコいい物、カワイイ物』
踏み入れるのに勇気が要りそうなこれらを一人でも多くの人に“そうじゃない”って理解をして欲しかったのだ。
アーツやデザインは“日常に”こそあるべきものだと。

と、こんなことをして、そんなことを大学時代に考えてきた。
アーツマーケターになろうと必死だった時期もあったが、
今思い返すだけで最悪な気分になるようなことが重なって、辞めてしまった。
もちろん昨日のエントリーにあるように、
ココまで書いた過去の僕とは“ある時”の僕であって、
“別な時”も確かに同時期に存在していた。

微妙に話が前後するが、
『日常にこそ』と考えていたからこそ、僕は“カフェ”に惹かれていた。
“カフェ”の場こそ、まさに理想とするものだったのだ。
“カフェ”は“ある時”の位置から“別な時”を目指した先だとも言える。
これは1つ目の、僕が今なお抱いている目標だ。

シュウカツという時期があって“別な時”の僕が攻勢になり、
“ある時”は焦燥感や不安、経済的な問題から弱くなってしまった。
また“別な時”の僕は、シュウカツの中で人生を変える某社と出会った。
そこで彼等が掲げるものが“別な時”と“ある時”の融合した姿に見え、
僕は“別な時”の位置から“ある時”を目指そうと考え始めたのだった。
これが2つ目の、僕の目標だ。(某社の試験には落ちてしまったから)


分かりづらい。ごめんなさい。
反省はしません。
ここまで書いたことは、いわゆる昨日のエントリーの背景です。
昨日には書けなかった、今日始めて書くことのできる文章です。


ダダが言う、

> デザインっていったらプロダクトや広告
> アートといったら絵画と彫刻
> みたいな偏見と距離感をなんとかなんねぇかな
> あれは本当に勿体無い とか思う
> (でも最近少しずつ変わってきてるね)

このコメントの僕なりのレスポンスは、まず上で書いたことが半分。
あともう半分。

今、僕が平日やっている仕事は営業。
そこに先述した『日常にこそ』を持ち込むことは少なくとも今の僕にはできない。
そこでは“別な時”の僕が欲するモノが転がりまくっているため、
現状では“ある時”が入り込む余地がない、というのが実情であり、
“ある時”を平日に持ち込もうとする気も起きないのが実感である。

正直にいうと、

「今は“別な時”の寡占でいいや。もう少し“別な時”のトレーニングをしてから“ある時”側の言い分も聞こう」

というのが本音だ。
こないだsamurai氏と会った時にも感じたのだけれど、今の時期は修行と思っている。
理想を追い求めるのはその後にしようと。
そうじゃないとリアル世界にアジャストできないだろう、と思うから。

なんか言い訳がましいようで自分でもウンザリだけど、
これが返答になります。


レスポンスの方向と角度間違えてないよね?
そう思いたいなぁ(笑)
赤面ものだよ、いやホント。

でもこれで、僕のカフェにグラフィックデザイナーが一人加わった。
シシシ(笑)


| まじめな話 | 13:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:51 | - | - |
コメント
んー。なんだかわかりそうでわからない文章だ。
でもkentaの中で整理できてるならいいかな?
たぶんそういう方向性の文章かなとか思う。

ここでちょっと質問。

お前の中で「アート」と「アーツ」は違うの?
ちょっと気になったからさ。

昔はアートマネジメントって言ってたけど、
今はアーツマネジメント。

その微妙な複数形?の違いは何かあったのかな?と。
意味ないならないでいいけど。別に。
| ちゃいば | 2006/05/01 8:54 AM |
なんとなくアートよりアーツのほうが格好いいからじゃね?
| A4 | 2006/05/01 1:51 PM |
なんとなくそんな気もしてきた。
深読み?
| ちゃいば | 2006/05/02 1:08 PM |
>ちゃい 

ある時=アーツちっくな時
別な時=ビジネスちっくな時

と訳すと分かり易いかも。
誰か人に向けて書いたってよりも、
主観を客観に出来る限り肉薄させたくて、
公的空間に放り出してみたくなった。

>ちゃい+えーよん

“アート”は概念。
“アーツ”は実体。

そんな感じの捉え方。
それと、『アートマネジメント』『アーツマーケティング』
ってのは日本の言い方(アメリカも?)らしくて、
本場のイギリスでは“ツ”で通ってるらしい。
卒論の時に先生に矯正されたのが残ってるんだろうね。


“ト”より“ツ”の方がカッコいいか???
なんかそっちのほうが意味深そうだ(笑)
| けんた | 2006/05/03 12:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hmy.jugem.jp/trackback/132
トラックバック