CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Journey of a Gemini
Journey of a Gemini (JUGEMレビュー »)
Donell Jones
とりあえずDonellなら間違いない。
#2⇒#3がまたいーね。
RECOMMEND
Journey Into Day
Journey Into Day (JUGEMレビュー »)
Seek
Good Music。
このCD持ってる人に悪い人いなそう。
RECOMMEND
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付)
Pianoforte(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Skoop On Somebody, SOS, 遠藤亮, SOULOGIC
#1、#2が小気味いい。
ライブにいきたくなる。
RECOMMEND
Middle Tempo Magic(CCCD)
Middle Tempo Magic(CCCD) (JUGEMレビュー »)
安藤裕子, 山本隆二

もちろん曲も良いけど、
ジャケットのAndrewに惚れた。。。
RECOMMEND
ライフ・ゴーズ・オン
ライフ・ゴーズ・オン (JUGEMレビュー »)
ドネル・ジョーンズ
#5⇒#6は凄い。
あんまりないよ。こういうの。
最高に気持ちいい。
RECOMMEND
the book about my idle plot on a vague anxiety
the book about my idle plot on a vague anxiety (JUGEMレビュー »)
toe,原田郁子,osumi aka big o

滅茶苦茶好みの音楽。
ライブでは歌声も混じるという噂が。。。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Mr.チン来襲
不味いジュースを必死に僕に勧めるMr.チン


昨晩、急に地元福島の親友Mが僕の家に泊めて欲しいとの電話が来た。

仙台在住の彼女と会うために来ていたらしい。
僕はそれなら2人でホテ○にでも泊まれと言ったのだが、どうも彼女の両親が近頃娘の外泊が多いために機嫌が悪く、それができないとのこと。
独り身の僕にすれば非常に腹立たしい理由の背景ではあったが、そこは僕とMの仲である。
泊めてあげることにした。
だが、急遽部屋を片付けるために奮闘せねばならなかったため、hmyの更新ができなかった。何とも腹立たしいことだ。


そして朝起きて本日、卒論を書く予定を変更し、Mと仙台駅周辺にくり出ることにした。
僕はラーメンを主張したが、Mはバイキングが食べたいとそれを固辞。
仕方なく僕等はホウカクラブという宗教の匂いがしそうなホテルで昼食を摂った。
味は以外に(失礼)良かった。

それから僕とMはMの希望で仙台FORUSに行くことにした。
5階の変貌ぶりに驚きながらも、一通り見て回る。
Mは何度か販売員に捕まるが、辛くも抜け出した。(FORUSはこれがあるから敬遠してしまう)

その後、疲れたためFURUSの隣のカフェモーツァルトでコーヒーを飲むことに。

偉そうに深々と腰を沈めるMr.チン

Mは煙草を吸う。去年からだ。
良く分からないが、以前の彼女と別れた時期に近い。
どうせ理由なんてそんなものだろう。
何故かは知らないが、僕はそんな理由で煙草を始めた男を他に2人知っている。
まぁ、それは今日のこととは関係のないことだけれど。

僕はそうやっていかにも美味そうに煙草を吸っている奴を見ると、つい、

「お前はニコチンマンだな。」

と揶揄したくなる。
これはもう癖のようなものである。
だから今日も、

「お前はニコチンマンだな。」

と言ってやるとMは少し嬉しそうに見えた。
だから僕は、今日これからこの男のことをMr.チンと呼ぶことにした。
眼前でニコチンをせっせと摂取する男に“ニコ”の文字なんて必要ない。
少々情けなく聞こえるし、「金は無くても時間はあるアルYO!!フゥ!!」とか言い出しそうで気持ち悪いが、
響きは実に気に入った。

僕。

↑ポーズだけ取る僕。

休憩した後は向かいのHMVに入った。
僕は↓を
blue six
Mr.チンは↓を
yellowcard
それぞれ購入したのだが、2階のブックコーナーにあったHGの本に僕等は爆笑。
ただでさえ、それまでに2人で暇さえあればフゥフゥ言いまくっていたのに、(キモイとか言わないで下さい)
これではさらにその勢いを助長するというものだ。
そうして僕等のテンションは加速度的にMAXへ。
結局2人、この1日で数十回に及ぶ「YO!!」と(「YO!!」も無意味に連呼します)数百回に及ぶ「フゥー」を口にすることになった。

例↓
Mr.チン「古着屋行こうYO!!フゥーー!!!!
僕「フゥゥーーーーー!!!!またかYO?まぁ、いいYO!!」

意味なんてあるだろうか?いや、ない。↑※ノンフィクション

そうしてテンションをハイに保ちつつ、僕等はこの日ラストのイベント、カラオケへ。
Mr.チンはLocofrank、SUM41、ELLEGARDENと飛ばしに飛ばす。
負けじと僕もアジカンのリライト、スキマの全力少年、ラルクのリンクと全開だ。
更に2人とも、曲中でも間があれば「フゥー!!」を連呼するため手に負えない。

完・全・体
(あまりに興奮していたため、画像のブレ、目線の入れ忘れをお許し下さい)

例↓
「あの頃の僕等はきっと〜♪全力で少っ年だった〜、フゥーーー!!!!!
♪スキマスイッチ『全力少年』
例2↓
「ナァミン、オバマイヘッド!!♪サムスィナセッ!!♪コンプレトリッミスリーオバマイヘッ!!、 フゥーーーー!!!!!フゥゥゥゥーーーーーー!!!!!!フゥゥ!!!!!フゥォォーーーーー!!!!!!!(その後の歌詞は全て無視)」
♪SUM41『OVER MY HEAD』

※フィクションではありません

Mr.チンも僕もわずか30分足らずで喉を大いに痛めた。
傍から見ると馬鹿みたいである。(※ツッコミ厳禁)
その後も僕等は無駄でしかない「YO!!」と「フゥー!!」を無意味に連呼し続け、
こうして狂宴は1時間半続いた。

わずか1時間半と思われる方も多いと思うが、それでも僕等は、確実にピリオドの向こうにイケたと確信している。

歌うMr.チン


楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、僕等は、駅前の高速バス乗り場で別れた。
さらば、Mr.チン。
またな。



| 本当になんでもない話 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |